セフレ作り方

東京セフレ事情~PCMAXで知り合った池袋のイケてる女子。セフレにしちゃいました

久々に大物を釣り上げちゃったという感じです。

この間、池袋で知り合った女子大生のクミちゃん(仮名)、今ではすっかり僕のセフレになっちゃいました。

もうルックスもスタイルも、そして何よりセックスのテクニックも…。
僕が今までセフレにしてきた女の子の中でも群を抜いてます。

僕に言わせればクミちゃんは、奇跡のセフレって感じ。

クミちゃんを超えるセフレには二度と巡り合えないんじゃねって僕は真剣に思ってます。

そんなかけがえのない、クミちゃんとの出会い。

僕にプレゼントしてくれたのが、出会い系サイトのPCMAXだったんです。

仕事をサボって池袋でセフレを探した日

その日は僕にとってマジで最悪の1日だったんです。

とにかく何をやってもうまくいかない。
お客さんとのアポイントはすっぽかされるし、飛び込みで入った先には二度と来るなと怒鳴られるし・・・。

僕の経験から言うと、こんな日は何をやっても絶対にうまく行きません。

だから僕はまだお昼を過ぎたばかりでしたが、その日の仕事はサボる事に決めました。

仕事をサボる時は僕は決まって、出会い系サイトで女の子を物色する事にしてます。

で、その日も池袋あたりですぐに会えそうな子を探してました。

すると、なんかイマドキの女の子って感じで良さげな子が僕の目に飛び込んで来ました。

彼女、プロフの写真では顔を全部、確認できませんでした。
それでも、ハンパない可愛げなオーラがひしひしと伝わってくるような気がしたんです。

普段、僕は神様にお願いをする事なんて全然ないんですが、この時ばかりは神頼みしちゃいましたね。

どうか、どうかこの女の子から返事がもらえますように・・・。

そう祈りを込めてメッセを送ったからでしょうか、すぐに彼女から返事が来たんです。

池袋で見つけたセフレ候補は女子大生!

さすが女子大生、平日の昼間はマジでヒマをしてるようですね。

何度かメッセでやり取りをして、僕たちはすぐに池袋の東口にあるアドアーズっていうゲーセンで待ち合わせをする事にしました。

アドアーズに行くと平日でしたけれど結構、お店の中は混んでます。

そこに彼女が現れたんですけれど、PCMAXのプロフで見た以上に本人には物凄いオーラが。

そう、彼女がクミちゃんです。

アタシ、モデルやってるんだ〜とか言われたら多分、大抵の人は頷いてしまうほど。
なんか雰囲気もあるし、美形って感じの女の子です。

そんなクミちゃんとこうやって会えるなんて、なんとPCMAXって素晴らしいんでしょう。

しばらく僕たち、ゲーセンで遊んでたんです。

さすが、ヒマなサラリーマンと女子大生。
多分、側から見たら僕たちはそのはしゃぎぶりはバカップルにしか見えなかったかもしれません。

それくらいゲーセンで遊んでいたら、クミちゃんと僕は仲良くなってしまったんです。

景品が取れるとクミちゃん、飛び上がって喜んだりそして僕に抱きついてきたり・・・。

クミちゃんに抱きつかれた時、あんまり彼女のオッパイは大きくなかったんですけれど、それでも僕の腕には程よい弾力を感じる事が出来ました。

そうなると、スケベのスイッチが入ってしまうのが男というもの。

僕はゲームではしゃぎまくるクミちゃんに、思い切って言ってみました。

「ベッドの上で、二人でゲームしよ!」

会ったその日にセックスに誘ってみた僕

するとクミちゃん、そんな僕の言葉に大爆笑しちゃったんです。

最初のうちは、なんだか適当にはぐらかされていました。

でもめげずにクミちゃんにエッチしたい、エッチしたいと言っていたら…。

「じゃあ、おっきな声で100回セックスしよと言ってみ!」

こう彼女から言われたんです。

僕は周りを気にしないで、セックスしよ!と大きな声で叫び出しました。

クミちゃん、まさか僕が本当にそんな事をするとは思わなかったんでしょうね。
驚いて誰もいない辺りまで僕の手を引っ張って行きました。

二人で息を切らしながらハァハァ言ってる時、僕はもう一度クミちゃんに

「ね、エッチしよ!」

と言ったんです。
するとクミちゃんまたもや大爆笑して、今度はいいよ〜!と言ってくれました。

この勝負、どうやら僕の勝ちのようです。くみちゃんは完全に僕に根負けしちゃいましたね。

池袋のお気に入りのラブホで女子大生とセックス

池袋駅前

池袋のラブホと言えば、僕のお気に入りはAROMA BARU。
ここ、すごく雰囲気が良いんです。

それに大抵の女の子にも評判はいいし・・・。
クミちゃんをここに連れてくると、彼女もこのラブホ、好きって言ってました。

顔もカワイイし、スタイルも良いし、そんなクミちゃんとラブホまで来ちゃったんですからね、僕は早く彼女とセックスをしたくて仕方ありません。

部屋に入るなり、僕はクミちゃんを後ろから抱きしめたんです。

「ね、一緒にシャワー、浴びよ!」

と言うとクミちゃん、笑いながら焦らないの〜と言って僕を宥めようとしてます。
もうこうなるとどっちが年上だか分かりませんね。

シャワーを浴びてる時、彼女が僕のチンコを握ってくれました。
その途端、僕のチンコ、完全にボッキしちゃったんです。

「スゴッ!」

確かにクミちゃん、こう言いました。
彼女、僕のチンコを上下にしごきながら、何度も何度も凄い大きいって言うんです。

そう、僕のチンコってマジでデカいんですよ。
分かりやすく言うと馬並とでも言いましょうか。

初めて僕とセックスをする女の子は大抵はその大きさに驚きますね。
一度、本当にコレ、入るの?と聞かれたこともあるくらいです。

そんなデカい僕のチンコ、クミちゃんは早く入れたいってせがんで来ました。

もうそう頼まれたら嫌って言えませんよね。

本当ならもうちょっと、魅力的なクミちゃんのカラダをしゃぶりまくって前戯を楽しみたい所。

でも、せっかくセックスをOKしてくれたクミちゃんのためです。
僕は彼女に応えてチンコを入れてあげました。

まだ、マンコの奥の方が濡れていなかったので少し痛いなと思いましたが、それでもゆっくりと腰を動かしていると、だんだんとクミちゃんのマンコも濡れてきます。

いやいや、クミちゃんのマンコもなかなか良いですよ。

あんまりにもクミちゃんが僕のチンコの事、デカいデカいとはしゃぐものだから、僕は奮発してその日はいつもより頑張っちゃったんです。

正常位、騎乗位、バックに横ハメ・・・。

それでも彼女はもっと、もっとと僕にせがんでくるんです。

僕のチンコの虜になった池袋のセフレ

「ねぇ、こんなにイッたのアタシ、初めてかもしんない・・・」

少し疲れ果てたクミちゃんが僕にこんな事を言ってきました。
そして僕はなんにも頼んでいないのに、彼女の方からフェラチオをしてくれたんですね。

もう何度もセックスをした後なので、僕のチンコも少し疲れ気味。

でもそれなのに、僕のチンコはクミちゃんのフェラチオのテクニックでビンビンになっちゃいました。

それくらいクミちゃんのフェラチオって上手だったんですよ。

その夜、クミちゃんからLINEが送られてきました。

まだ、股間にチンコが入ってるような気がする・・・

どうやら彼女、僕のチンコのデカさ、気に入ってしまったようですね。
それからは僕がクミちゃんをセックスに誘っても必ず来るようになりました。

そう、完全に僕たちはセフレの関係になっちゃったんです。

実はクミちゃんには彼氏もいて、それに僕の他に何人かセフレはいるようです。

でも彼女、セックスは僕が一番だと言ってくれました。
これはセフレとしては本当に嬉しい限りですよね。

あの日、仕事でマジでついていませんでしたが、それと言うのもクミちゃんと出会うために運を取っておいたのかもしれません。

クミちゃんとセックスをしてる時、あの日仕事をサボってPCMAX覗いておいて本当に良かったな〜とつくづく思っちゃったりしてます。