主婦のセフレ

東京セフレ事情~三軒茶屋でセレブ系セフレ作りました!

東京の三軒茶屋。いわゆる三茶です。

僕は三茶に大学生の頃から住んでいて、今もここを中心に活動してます。

え?なんの活動かって?そりゃもちろんセフレ活動です。
イマドキ風に言うならセフ活ってやつですね。

三茶の何が凄いかって、それは実にいろんな層のセフレが集まっちゃうんですよ。

セフレにしやすい女性像
  • 遊びたい盛りの二十代のOL層
  • 旦那さんとのセックスがハンパなくご無沙汰になっちゃってる主婦

やっぱりオススメは主婦ですかね。

三茶あたりだと、世田谷のセレブな主婦がGET出来ちゃいますよ。

旦那さんがものすごくお金持ちって事で、他にオンナを作っちゃって全く奥さんとセックスをしないってのがメチャ多いんですよ、マジで。

セフレにするにもセレブって凄くいい。

上品に気取ってるくせに、ベッドの上ではマジで変態って感じの主婦もいますしね。

なんかそんなギャップって燃えますよ。

そんなセレブ主婦のゆかりさん(仮名)と出会ったのも三茶です。

僕のセフレ、東京セレブ主婦のゆかりさん

やっぱりゆかりさん、セレブなもんで代官山の方に住んでるようです。

ハッピーメールでゆかりさんを見つけた時、すぐにこの人、セレブだって分かったんでとにかく慎重に攻めました。

セレブってセックスしたがってる女性、確かに多いです。

ですがプライドも高かったりするので、即マンってのはやっぱりダメですね。

セフレ関係に持ち込むのなら、少し時間かけないとって感じです。

ゆかりさんとはアプリ内のメッセでやり取りして、その後直アドを交換しちゃいました。

やっぱ直アドでやり取りすると話は早いですよね。

早速、僕たちは三茶のレイン オンザ ルーフで会う事になりました。

ここ、かなりオシャレなカフェです。
セレブな主婦を誘うんでも全く問題ないですよ。

ゆかりさん、会ってみると現物もやっぱりセレブです。

とにかく着てる服が違います。

その時計、いくらすんの?って思わず聞きたくなっちゃいましたね。

最初の頃は、あんまり僕に心を開いてくれていないのか、ちょっとよそよそしさが彼女には残ってました。

カフェでお茶する女性

でも彼女の趣味から始まって、いろいろ話を聞いてあげていたら、ちょっと雰囲気が変わって来たんです。

そのうち旦那さんの愚痴を言うようになって来ました。

僕の経験から言うと、旦那さんの愚痴を言うようになるとかなり脈アリなんです。

でも残念ながらその日は、ヨガスクールがあるって事でゆかりさんとはそこでお開き。

う〜ん、ちょっともったいないですね。

セフレ候補のセレブ主婦からデートの誘いが来た!

でも、何日かして、今度はゆかりさんの方からメッセが来たんです。

今度は飲みに行きませんかって。

どうやら僕の事、気に入ってくれたのかもしれませんね。

そんな感じで僕とゆかりさん、何度か飲みに行ったり、ご飯を食べに行ったりするようになりました。

この日も三宿のカフェ・ラ・ボエムで夜、彼女と会ってたんですね。

でも、どうもこの日のゆかりさん、いつもと雰囲気が違います。

とにかくワインをカパカパ飲んで、凄く酔っちゃってるんです。

どうしたの?と聞くと、どうやら旦那さんの浮気を知っちゃったらしいんですね。

前から旦那さんに愛人なんかがいることは、薄々勘付いていたそうです。

でもそれが確信に変わるとやっぱりショックは大きかったと言います。

そんな話を僕にしているうちに感情が昂ってしまったようで、ゆかりさん、ちょっと泣き出しちゃいました。

「ならゆかりさんも浮気しちゃいなよ!」

僕がこう言うとゆかりさん、ハンカチで涙を拭きながら、こう言ったんです。

「そうしよっかな、目の前にちょうど相手してくれる人もいるし」

欲求不満のセレブ主婦とセックスできた

いやいや、時間をかけてセレブを攻略した甲斐がありましたね。

これは、セレブをセフレにする作戦としては完全に成功ですよ。

もうその後は言うまでもありません。
僕たちはタクシーで渋谷の道玄坂を目指しました。

入ったラブホは道玄坂のヴィラジュリア道玄坂です。

ここ、女子ウケするラブホなのでオススメですよ。

いや、セレブ主婦とのセックスは久しぶりなんですが、やっぱりいいですね。

ゆかりさんの服を脱がすと、そこにはマジで上品そうな下着が露わになりました。

ちょっとビビットっぼいピンクのブラジャーとパンティなんですが、それでいて上品さがあるんです。

やっぱりセレブ主婦ってセンスがいい。

ブラジャーに包まれたオッパイもはち切れんばかり。

こんなに素晴らしいオッパイを僕の自由に出来るんですから、旦那さんにも感謝しないといけませんよね。

それにしてもこんな上質なゆかりさんの裸体を放置するなんて、旦那さんはどんだけ素晴らしいセフレをGETしちゃったんでしょう・・・。

一度、旦那さんとは男の同士、セフレ談義なんかをしたいものです。

僕が丁寧にゆかりさんのカラダを愛撫してあげていたら、やっぱり彼女のスイッチもはいっちゃったようですよ。

フェラチオは思いっきり吸ったりベロンベロンとナメてくれて、マジで気持ちいい・・・。

ゆかりさん、決してデブじゃないですけどね、どっちかと言うと少し肉付きが良いって感じのカラダをしてるんです。

その豊満なカラダを抱きながら、僕のチンコを挿入です。

やっぱり30代の主婦ってセックスするのに最高じゃないですか。
そのマンコの締まり具合って例えようがありませんね。

セックスの後、ゆかりさん泣いちゃったんですよ。
ちょっと感極まっちゃったのかもしれませんね。

僕はそんなゆかりさんの事、そっと抱きしめてあげました。

しばらく彼女を抱きしめていたら、二人とも寝ちゃったんです。

気が付いたら朝になってました。

ワンナイトセックスかと思いきや、セフレになれた

朝日が眩しい中、ラブホを出てゆかりさんと別れる時、彼女がこう聞くんです。

「また会ってくれる?」

そりゃもちろんです。
なにしろここまで僕は大変な労力を重ねて来たんですから。

まさにセレブ主婦をセフレにした瞬間です。

ゆかりさんから毎週のようにお誘いのLINEを貰うんですけれど、どんなに忙しくても僕は彼女に会いに行きます。

そしてラブホに行ってゆかりさんを満足させてあげてますよ。

こんな最上なセフレをGETしたんですから、しばらくは逃がさないようにしっかりとお相手をしようと思ってます。

セレブ主婦のセフレ、マジでいいですね。
こんなセフレを探すのなら三軒茶屋あたりがオススメですよ。